2015年開運風水

風水NG家相物件〜引っ越しの時ここを見よ!間取りのタブー〜【玄関編】

風水NG家相物件〜引っ越しの時ここを見よ!間取りのタブー〜【玄関編】

今住んでいる部屋を整理整頓・模様替することで今の状況を打開することができるということは、いろいろなところでお伝えしているため、もう聞き飽きたという人もいるかもしれない。

しかしながら、運気が上がりやすい家とそうでない家があるのは事実で、住居を決める際には家の相「家相」の善し悪しを意識した方がいい。
そのため、今回からはこれから引っ越しを考えている方や、どうも運気が上がらないという人に向けて「風水NG家相」というのを紹介していこうと思う。

第一回は、家の顔であり、気の入り口の玄関を採り上げる。

風水NG家相物件〜引っ越しの時ここを見よ!間取りのタブー〜【玄関編】

家の中央に玄関がある

玄関は基本的にどの方位にあっても問題はない、と最近多くの風水師は考えているようだ。
私もこれに関して異論はないのだが、1つだけ気をつけてほしいことがある。

それは、家の中央に位置する玄関。
これだけは極力避けてほしい。

なぜなら、中央に玄関がある家は、ある時運気が急激に伸びることがあるものの、やがてそれ以上に一気に落ちてしまう、いわば落ちぶれの家相なのだ。

もし、今お住まいの家の中央に玄関がある場合は、とにかく清潔に保つことで運気の下落を防ごう。
まず、黄色やアイボリー色など明るい色をたくさん使い、照明で玄関をできるだけ明るくしよう。
スタンドを置いてさらに光を加えるのもいい。

また、家の中心ということもあり、そこに気を集めるという意味も込めて、幹がしっかりした観葉植物を置くのもよい。
ただ、邪魔になってはいけないので、スペースがない場合は花を飾るのでもよい。

玄関の吹き抜け

吹き抜けになった玄関はもともと悪くはない。
しかし、家の中心に吹き抜けを作ってしまうのが、風水上よろしくないのだ。

なぜなら、吹き抜けがあることで中心に集まったよい気が、上へ逃げてしまうからだ。
そのため、家の中央に玄関がある物件を見る時は、吹き抜けの有無もしっかり見てほしい。

黒御影石の玄関のタタキ

玄関をチェックする時にまずチェックすべきなのはタタキ。
これが汚れていては話にならない。

それに加えて、タタキが黒御影石で仕上げてあるものもよろしくない。
見た目が高級そうで心惹かれる人もいると思うのだが、御影石というものは墓石に使われるなど、マイナスのパワーがとても強い石なのだ。
玄関に黒御影石を使うと、一時は隆盛するかもしれませんが、途中から失速することが多いため、使用を避けた方がいい。

狭い玄関

玄関をチェックする際、広さも気にしてほしい。
ある程度の広さがないと、しっかりよい気を呼び込むことができないだけでなく、モノがごちゃごちゃしやすくなり、気が乱れてしまう。
マンションなら専有面積の、一戸建てなら玄関のある階の面積の10分の1程度の広さが理想。

今住んでいる家の玄関が狭いのであれば、モノを最低限のものしか置かないようにし、常に清潔に保つようにしてほしい。
毎日タタキを水ぶきするのが、運気アップにかなり効果的。

いかがだっただろうか?
引っ越しの際、玄関だけでこんなに見るポイントがあるのかと思われるかもしれないが、よい気を家全体に呼び込むためにもしっかりチェックしていきたい。

あなたに幸せがあらんことを。

命樹

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top