2015年開運風水

金運アップの財布術!大富豪はなぜ黄色い財布を持たないのか【後編】

金運アップの財布術!大富豪はなぜ黄色い財布を持たないのか【後編】

前回からお話ししている、お金持ちになるためのお財布術。
お金がしっかり入ってきて、それが簡単には出て行かない人の財布には共通点がある。

特に、大富豪の多くは、誰にでもできる簡単な習慣を確実に積み重ねている。
今回は、前回に引き続き、財布との正しい向き合い方をお伝えしていく。

「大富豪はなぜ黄色い財布を持たないのか」
この問いの答えも公開するので、お楽しみに。

金運アップの財布術!大富豪はなぜ黄色い財布を持たないのか【後編】

1,財布の色はブラウン系

財布の色は、「ためる」に適している「土」の気の色である茶色やベージュが、金運を生み出してくれる色となる。

「金運上げるなら黄色!」といったことがたまに言われたりするが豊かな気持ちになってしまい、逆に散財を招いてしまうので注意が必要。

どうしても黄色がいい!と言われる方は、パステルイエローといった落ち着いた色にするといいだろう。

黒色は、現在の自分の金運をキープするという方向に運気を導くため、十分にお金が入ってきている人以外は、使用を控えた方が無難。

2,赤色と水色の財布はNG

では、NGな色は他にあるのだろうか。
有名なNGカラーとしては、赤と青がある。

赤は「火」の気が強く、入ってきたお金を勢いよくお金の「金」の気を燃やしてしまい、青は「水」の気が強く、入ってきたお金を流してしまうことになってしまう。

少しでもお金を貯めていきたい、増やしていきたい方は、絶対に使用を避けるべし。

3,レシートは財布の中に入れない

財布はお金の家。

レシートを財布の中に入れておくということは、あなたの家によくわからない不審者が一緒に住んでいるのと同じようなもの。

お金の居心地というのは、恐ろしく悪くなってしまう。
もらったレシートはその日のうちに財布から出すようにしよう。

4,お札の向きを揃える

お金持ちになりたいのなら、お札ともしっかり付き合っていきたい。

簡単に出来ることとして、お札の向きは必ず全て同じにするようにしよう。
諸説あるが、私はお札の人物の頭が下になるように入れていた方がお金をしっかり貯めることができていると感じている。

大富豪以外にも、お金にまつわる仕事をしているプロフェッショナルの方でこれを実践している方は思いの外多い。

5,財布を買うなら吉日に

財布を新しく買うならいくつか意識しておいた方がいい吉日がいくつかある。

天赦日

暦の上では最上の大吉日とされる日。

読んで字の如く、「天が赦す日」であり、数多の神が天に昇り、天が万物の罪を赦す日なのだ。
そのため、この日は世の中のあらゆる物を育て、世界が平和に包まれると言われている。

一粒万倍日

一粒のモミが1万粒もの実を実らせる稲穂になるという吉日で、種まきやお店の開店、財布の購入をするといいとされている日。

寅の日

12日ごとにやってくる十二支の「寅」の日のこと。

昔から、虎は千里の道を行ったら千里の道を戻ってくると言われ、「お金を使ってもしっかり帰ってくる」金運をもたらしてくれるということで有名

いかがだっただろうか?
もし、財布がイマイチだという人は今回の話を頭に入れて、新たな財布を捜しにいってもらえたらと思う。

あなたに幸せがあらんことを。

命樹

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top