2015年開運風水

風水的大掃除のやり方・チェックリスト!断捨離で開運を呼び込むコツ【後編】

風水的大掃除のやり方・チェックリスト!断捨離で開運を呼び込むコツ【後編】

前回からスタートした風水的大掃除シリーズ。
風水の力を最大限に借りたいのならば、普段生活している場である家をガラっと変えてしまうのが一番。

今回は前回に引き続き、断捨離をテーマに、これを気に捨てた方がよいものについてお話しする。
捨てるべきものをこれを機に処分して、家の中の「悪いもの」をすっきりと出し切ろう。

風水的大掃除のやり方・チェックリスト!断捨離で開運を呼び込むコツ【後編】

1,枯れた観葉植物

家の中に大きな観葉植物を置いている家庭は少なくない。
特に、大きなものになってくると、値段が張るため、多少枯れていてもそのままにしている場合が多い。

しかしながら、枯れた観葉植物をそのまま置いておくのは絶対にいけない。
なぜなら、枯れた花や植物というのは、人間から生気を奪う存在だからだ、
死者は生者から生気を奪うことしかできないのだ。

同様の理由で、動物の剥製もNG。
これを機に処分しよう。

2,古くなったスポンジ

大掃除で必要不可欠なアイテム、スポンジ。
毎回洗剤を使っているからきれいだと思ったら大間違い。
実は、スポンジには知らず知らずのうちに雑菌や汚れを取り込んでしまっているのだ。

そのような汚れたスポンジからは、悪い気が発生してくるため、掃除に用いるのはあまりお勧め出来ない。
スポンジもいつまでも使い続けるのではなく、こまめに交換する習慣を身につけよう。

3,風呂場にあるもう使わないバスグッズ

シャンプーやコンディショナーは常に新しいものが発売されており、新しいものが出るとそれを試したくなる人も多いのではないか。
それは別に構わないのだが、もう使わないものを風呂場に放置したままにするのはよくない。

風呂場に限らず、不必要なものをいくつも置いていると、それが気の乱れを引き起こしてしまう。
もう使わないなと思ったら、すぐに捨てるのが一番。
これを機に風呂場をすっきりさせよう。

4,古い下着

勝負下着という言葉があるが、これは風水的に理にかなっている言葉だ。
下着はファッションの中でも特に肌に密着するものなので、運気に影響を与えやすいからだ。

そういったこともあり、古くなった衣類は悪い気を発するため、古い下着を身に着けているとその悪い影響を受けやすくなってしまう。
また、古いものを使っていると、運気が停滞し、新しい縁が巡ってこなくなる。

古い下着を一掃し、新しいものに取り替えよう。
きっと新たな縁が巡ってくるはずだ。

5,古い年賀状・名刺

古い年賀状や名刺が山ほど家にある人は、これを機に処分してしまおう。

年賀状というものは、新しい年を迎えるための挨拶であり、何年も前のもので特に必要感を感じていないものは、もう不要なモノ。
住所と名前を書き写し、処分してしまうのがいい。

また、過去にもらった名刺だが、顔も思い出せないような人の名刺をいつまでも持っていても仕方がない。
こちらから連絡することはまずないのだから、不要なモノは処分するに限る。

6,壊れている傘

家の中に壊れた傘をついつい置きっぱなしにしていないだろうか。
処分するのもなんだか面倒だということで、置きっぱなしにしていることがあるかもしれない。

しかしながら、その壊れた傘を是非すぐ処分してほしい。
それを玄関に置いたままにしておくことで、悪い気を吸い取りやすいマイナスアイテムとなってしまう。

傘のみならず、もう使うことのない壊れたものはこれを機に処分してほしい。

いかがだっただろうか?
いろいろな思い出があって捨てにくいというのもわかる。
しかしながら、そのものに固執して、あなたの新たなステージに進めないことの方が大きいと思われる。
そのため、是非これを機に断捨離をしてほしいと思う。

あなたに幸せがあらんことを。

命樹

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top