2015年開運風水

風水的大掃除のやり方・チェックリスト!断捨離で開運を呼び込むコツ【前編】

風水的大掃除のやり方・チェックリスト!断捨離で開運を呼び込むコツ【前編】

12月、師走。
多くの方が2015年を迎える準備で一気に忙しくなるのではなかろうか。

クリスマス会、忘年会、年賀状の準備と、やることだらけ。
特に、主婦の方は

「大掃除」

に毎年頭を悩まされているのではなかろうか。

今回は、風水の力を100%発揮するための大掃除のやり方をチェックリスト的にまとめて、お伝えする。
まずは、不要なモノを減らす、

「断捨離」

を進めていくために、何を捨てるべきなのかについて話そうと思う。

風水的大掃除のやり方・チェックリスト!断捨離で開運を呼び込むコツ【前編】

1,履き古した靴

靴箱の中をチェックしてほしいのだが、もう何年も履いていない靴はないだろうか。
特にブランドものだと、もう履けないと分かっていてもなかなか捨てにくい。

しかしながら、履いていない靴というものは、徐々に悪い気を発するようになってしまう。

これを機に処分してしまうのが正解。その靴の値段以上の縁があなたのもとへ訪れてくれるはずだ。

2,玄関に置いてあるゴミ

玄関に多くのモノを置くのはよろしくない。
ゴミは置いておくだけで、悪い気を発生させてしまう。
どんなに玄関からよい気が入ってきても、ゴミによって全てが台無しにされてしまう。

特に、多くの人がやってしまいがちなのが、新聞や段ボールを玄関に置いてしまうということ。
これだけは、できるだけ早く処分した方がいい。

なぜなら、紙は悪い気を集めやすいからだ。
不要となった雑誌や段ボールは、あっという間に悪い気を放出するマイナスアイテムになってしまう。

3,靴箱の中にある、靴以外のもの

たまに、置き場所に困って靴箱の中に入れてしまうものがある。
部屋の中の収納スペースがなくなってくるとこういった事態に陥ってしまうのも分からなくはない。

しかしながら、靴箱に靴以外のものを入れてはならない。
なぜなら、靴についた悪い気が、別のモノにまでそのまま乗り移ってしまうからだ。

靴をしまうところには靴のみを。
モノそれぞれ専用の置き場所を用意してやるのが、一番である。

それができないのであれば、それはモノがありすぎということ。
不要なモノが必ず他のところにもあるので、1つ1つ処分していこう。

4,ドライフラワー

玄関に花を飾る人は少なくない。
風水的にも花を飾るのはとてもよいことである。

しかしながら、たまに生花の代わりにドライフラワーを飾っている家を見かける。
これは絶対にいけない。

ドライフラワーは死んだ花。
死んだ花は我々に生気をもたらすどころか、我々の生気を奪うだけの存在。
家に置いていてもいいことは何もないので、すぐに処分すべし。

5, 欠けた食器

食器には愛着がわきやすいからか、欠けてしまっても浸かっている方を多く目にする。
しかし、欠けてしまった食器はこれを機に処分してしまおう。

本来、壊れてしまったものは、その役割を終えたということを意味する。
つまり、欠けた食器というのは、既にその役割を終えたということを意味する。

役割を終えたものは、そこから悪い気を発してくる。
運気を上げるためにも、処分したいところだ。

6,ぬいぐるみ

女性のいる家に高確率で飾ってある、ぬいぐるみ。
昔からぬいぐるみと一緒に育ったという人も少なくないはず。

しかしながら、風水上ぬいぐるみは決してよいものとはいえない。
なぜなら、それらは人間から生気を奪い取るからだ。

そして、ぬいぐるみが多いと、それに加えて部屋の気が乱れやすくなる。
その二点により、ぬいぐるみは開運空間作りにとって害にしかならないのだ。

そのため、本当にお気に入りのものをリビングに置く以外は、処分することを強くお勧めする。

7,古い調理器具

主婦の方の中で、1つの調理器具を何年も使う方がいる。
そのモノを大切にする態度は、とても素晴らしい。

しかしながら、もう傷んでしまっている古い調理器具は、処分した方がいい。
例えばテフロンがはげたフライパン。
刃がボロボロになって思うように切れない包丁。

本来の働きを果たさなくなったものは、今こそ買い替えのチャンス。
これを機に処分することをお勧めする。

後編へ続く。

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top