NG風水習慣

【恋愛風水】NG風水習慣〜出逢いを遠ざけるインテリア【前編】

【恋愛風水】NG風水習慣〜出逢いを遠ざけるインテリア【前編】

毎日の生活の拠点である家。
これを開運空間にしてやらないと、うまくいくものもうまくいかなくなる。

恋愛運も同じで、どんなにオシャレをしたり、自分磨きをしても、家の中がめちゃくちゃではよい縁を掴むことは難しい。
今回は恋愛NG風水のインテリア編ということでお送りする。

【2015年恋愛風水】NG風水習慣〜出逢いを遠ざけるインテリア【前編】

1,スチール製のベッドで寝ている

我々は寝ているときは「水」の気を発している。
一方、スチールの気は「火」。

相反する気が接し合っている状態なので、気の乱れが一気に発生してしまう。
こうなってしまうと、寝ている間に気を充電するどころか、更に疲弊してしまう。

ベッドはできるかぎり木製のものを選びたい。

2,クッションが1つしかない

一人暮らしをしている人の中に、自分のものしか用意しない人がいる。
食器はもちろん、クッションや椅子なども自分のだけ、といった具合だ。

しかしながら、これはあまりお勧め出来ない。
なぜなら、これは「一人でいること」が前提となるアクションだからだ。 

誰かと一緒にくつろぎたい。
誰かと一緒に食事をしたい。
そう考えるなら、クッションも来客用を準備したい。

3,靴を玄関に出したままにしている

玄関は家の入り口であり、よい気が入ってくるところでもある。
そのため、玄関は常に整理整頓しておかなければならない。

靴は外から悪い気をくっつけて家に持ち込んでしまうことが多々ある。
その靴を玄関に出しっぱなしにしておくのは、悪い気を玄関にはなっているのと同じである。
そのような状態では、せっかく入ってきたよい気も汚染されてしまい、家の中によい気が回らなくなってしまう。

よい気を迎え入れるためにも、靴は靴箱にしっかりしまっておこう。

4,タンスの中がめちゃくちゃになっている

女性の雰囲気はファッションで大きく作用される。
そのファッションを司るのがタンス。

その中が乱雑になっていると、運気が上がることはない。
それどころか、気の乱れが生じやすくなってしまうため、運気がどんどん低下することにも繋がってしまう。

タンスの中は、季節ごと、種類ごとにしっかり整理整頓したいものだ。

5, ぬいぐるみがたくさん置いてある

女性の部屋にぬいぐるみが置いてあるのはもはや定番といえる。
可愛らしいぬいぐるみを見ていると癒されるというのも、わかる。

しかしながら、風水的にぬいぐるみは本当によろしくない。
これだけはやめてほしいというくらい、よろしくない。

なぜなら、ぬいぐるみは我々の生気を吸い取るからだ。
さらに、複数ぬいぐるみを置いておくと、それらの気がぶつかり合い、気の乱れが生じるのだ。

本当にお気に入りのもの以外は、思いきって処分することを強くお薄めする。

後編に続く。

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top