2015年開運風水

【開運風水】運気を引き上げる風水掃除テクニック【後編】

【開運風水】運気を引き上げる風水掃除テクニック【後編】

大掃除は結構面倒だ。
そう思われている方は少なくない。

しかしながら、掃除は今まで「ツイていなかった」方にとって、恐ろしいまでの力を発揮する。
それこそ、運気を急上昇させる力を持っているのだ。

今回は、運気を引き上げる風水掃除テクニックの最終回ということで、2015年に大活躍するための技を皆さんにお伝えする。

【2015年開運風水】運気を引き上げる風水掃除テクニック【後編】

1,玄関ドア

玄関は家の中によい気を招き入れるための大切な場所である。
その玄関の入り口であるドアも風水上非常に重要なポイントである。

玄関ドアは毎日外の風や砂埃などを浴びているため、目に見えなくてもかなり汚れている。
そのため、定期的にドアを拭き掃除してやる必要がある。

既にお気づきの人がいるかもしれないが、ドアが汚れることで、せっかくやってきたよい気が悪い気となって家の中に入っていってしまうのだ。
それは何とか避けたいので、こまめにドアを磨いていただきたい。

2,玄関マット

玄関からはよい気も悪い気も入ってくる。
なんとかしてよい気のみを取り入れたいというのなら、まずは玄関マットを敷こう。

玄関マットは悪い気をシャットアウトし、よい気のみを取り込んでくれる性質がある。
しかしながら、玄関マットも毎日使用していたら汚れてしまう。
汚れた玄関マットは本来の役割を果たせなくなるため、開運力が見る見るうちに低下していく。

玄関マットは少なくとも月に一回は洗って浄化したいものだ。

3,パソコン

日々仕事や調べ物などで使用するパソコン。
パソコンは様々な情報をもたらしてくれるので、よい気を呼び込む力がある。

しかし、パソコンも放っておけばホコリを被り、どんどん汚れていくもの。
特に、ディスプレイとキーボードは普段なかなか気付きにくいが、かなりの汚れが見られる。

毎日使うものだからこそ、毎日手入れをしたいものである。

4,置物

部屋の雰囲気を調整するのが、雑貨や置物だ。
風水では部屋の方位によって、運気の上がるテーマが異なるので、置物でそのテーマを演出出来るとすぐに部屋の気が改善する。

しかし、よく見かけるのは、置物を飾ったら飾りっぱなしという方。
確かに何も飾らないよりはよいのだが、置物もそのまま放置しておいたらホコリを被ってしまう。

部屋によい気をもたらしてくれていることに感謝しつつ、定期的にホコリを取り除いてやることを習慣づけてほしい。
そのちょっとした行為で、置物の開運パワーが復活するなら、安いものだ。

いかがだっただろうか?

普段なかなか見逃してしまいがちなポイントばかりだったが、これを参考に掃除を進めていただき、更に開運空間を演出していただけたらと思う。

あなたに幸せがあらんことを。

命樹

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top