NG風水習慣

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【収納編・後編】

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【収納編・後編】

早いもので2014年もあと1ヶ月。
2015年に運気を引き上げる前に、2014年の最後の1ヶ月を最高の形にしていただけたらと思う。

今回は、前回に引き続き、収納にまつわるNG習慣を紹介していく。
運気低下の原因が収納にあるという人は少なくないので、是非チェックしてみてほしい。

【2015年開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【収納編・後編】

1,冬服と夏服が同じ場所に収納されている

風水はメリハリを重要視するもの。
季節感にもかなり敏感になる必要がある。

そのため、冬服と夏服が同じ場所にしまわれていることも、風水的にはNG。
2つを同居させたり、ごちゃごちゃに収納することで気の乱れが発生してしまうのだ。
そうなると、なかなか自分の思い通りに物事が進まなくなったり、「ツイてない」と思うことが増えてくる。

そのため、できるかぎり冬服と夏服は違うところで収納するようにしよう。
同じ場所にしまうにしても、最低限エリアを分けて収納すべし。

2,収納スペースの湿度が高い

収納スペースの中には日当りも何もない。
そのため、季節によってはかなり湿度が高くなる。

風水では、湿度が高いところでは容易に悪い気が発生すると考えている。
そのため、湿度が高い状態を放置していると、せっかくきれいに保管している服やモノに悪い気が乗り移ってしまうのだ。

それを防ぐために、乾燥剤を使うのがベスト。
また、香水や芳香剤を使い、よい香りを入れておくのもオススメだ。

3,収納スペースにぎっしりモノを詰め込んでいる

ついついたくさんのモノを買ってしまい、家の中にモノがたくさんある人がいる。
そして、掃除をすると、それを収納スペースになんとか強引にしまい込む、なんて人は意外と多いのではないか。

収納スペースにぎっしりと、他のものが入る余地がないほどぎっしりしまうのは、あまりよろしくない。
なぜなら、スペース的にゆとりがない空間には、新しい気が入り込む余地がなくなるからだ。

その結果、よい気が発生しにくくなるどころか、ぎっしりと詰め込まれたことによって気の乱れが発生し、悪い気を発生させてしまう。
収納にはゆとりを持とう。もし、それどころではないのなら、「断捨離」を行なうべきだというサインだと思っていただきたい。

いかがだっただろうか?
収納において意外と気がつかないポイントばかりだったと思う。
部屋の外見と中身、 どちらも美しく、よい気を生み出せる環境にして、よい気をどんどん生み出していこう。

あなたに幸せがあらんことを。

命樹

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top