NG風水習慣

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【収納編・前編】

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【収納編・前編】

今までのNG風水習慣特集を読んで、実際に部屋の大掃除や模様替えに意欲的になられた方が多いのではないか。

ここで、是非風水的に素晴らしい空間作りに励んでいただきたいのだが、1つ注意しなければならないことがある。

それは、収納である。
どんなに部屋の見た目が綺麗になっても、収納が以前と変わらなければ、本当の意味で開運空間を作り出したとは言えない。

今回は収納についてのNG風水習慣を紹介していく。
また何か問題がないか、しっかりチェックしてみてほしい。

【2015年開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【収納編・前編】

1,収納を乱雑に行なう

掃除や模様替えをしている時に、とりあえず棚の中やクローゼットの中にモノを入れている人はいないだろうか。
部屋を綺麗にするために、目に入らない収納スペースに様々なものを避難させてしまいがちだ。

しかしながら、収納スペースの中が乱雑になっていては、せっかく部屋を綺麗にしてもその効果が半減してしまう。
むしろ、乱雑に収納することで、本来発生することのなかった悪い気が発生するようになってしまうこともある。

部屋の整理整頓と同じく、収納スペースの中も整理整頓を心がけてみてほしい。

2,必要のないものを溜め込む

押し入れを開けるともう何年も使っていないモノばかり出てきた。
なんてことはないだろうか。

何年も使っていないもの、もう使うことのないものというのは、もう過去のもの。
その過去のものを家の中においておくことで、運気を停滞させてしまう。

そういったものは極力少なくした方がいい。
必要か必要でないか、そういった判断を素早く下せるようになると、あなたの運気アップのスピードは驚くほど速くなる。
勇気を出していらないものを処分してみてほしい。

3,汚れた服ときれいな服を一緒に収納している

一度着て汚れた服には少なからずマイナスの気が宿っている。
その服はよい気ではなく、悪い気を排出し続けるのだ。

そこに、洗って清潔にした服を一緒に置いておくとどうなるか。
清潔な服はよい気を発するもの。
それが、汚い服の悪い気が移ってしまい、全てが台無しになってしまう。

北内服ときれいな服は分けて保管するのが鉄則である。

4,古い下着を取っておく

衣服は直接肌に触れるものであるため、衣服が持つよい気・悪い気の影響をとても受けやすい。
その中でも最も我々に影響を及ぼしやすいのが下着だ。

下着が古くなってしまうと、運気が停滞してしまい、どんなに頑張っても報われない事態が続いてしまう。
そのため、服を常に新調するのは難しくても、下着だけはこまめに新調するクセを付けてほしい。

後編へ続く

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top