NG風水習慣

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【行動編・前編】

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【行動編・前編】

日頃の行動を見るとその人がどのような人なのか、そしてその人の運気がどうなのかというのがだいたい分かる。
特に、気の巡りが悪い人には共通した悪い習慣がある。

今回は、NG風水習慣の

「行動編」

ということで、運気を下げてしまう行動についてお伝えする。

【2015年開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【行動編】

1,いつも同じような服を着ている

女性の中でも、絶対にジーパンしか履かないと決めている方や、中にはピンクしか身につけないといった強いこだわりがある人がいる。
こだわりを持つことは大事なのだが、それにしがみつきすぎて同じような服装ばかりを繰り返すのはあまりいただけない。

なぜなら、風水では変化しないものは、運気の停滞をもたらすからだ。
外見が常に変化していれば、運気にも変化が訪れるのだが、同じような服装を頑なに貫いていると、運気が停滞し、新たなチャンスを呼び込むことができない。

服の種類を変えるのが難しかったら、デザインや色を変えてみるのもいい。
普段制服しか着ることができないというのであれば、その限られた中で日替わりアレンジを入れてみるといいだろう。

2,不要なものをいつまでも取っておく

あなたは必要のないものやもう使っていないものをすぐに捨てることはできるだろうか。
何年も使っていないものを家に置いておくのは、風水上とてもよくない。

「いつか使うかもしれない」
「もったいない」

と多くの「捨てられない人たち」は訴えてくる。

しかしながら、私から言わせれば、その間に逃げていってしまったよい気の方が、「もったいない」。
モノは使って初めて効果を発揮するし、気を生み出してくれる。
2年以上使っていないものは、意を決して捨てることをお勧めする。

3,食事をしながら仕事をする

どんなときも仕事をする。
食事中も、パソコンを離さない。

勤勉な日本人にありがちな光景だが、これも風水上NG。
風水は切り替えが上手な人を好む。
食事するときは食事する、仕事するときは仕事をする。

このようなメリハリがつく人によい気はやってくる。
仕事が気になるなら、食事の後思いっきり集中してやるといい。
1つのことしかしない、と決意して実行することで、運気だけでなく仕事の業績も上がってくるはずだ。

4,帰宅後部屋着に着替えない

家の外の世界には、よい気も悪い気も漂っている。
特に、悪い気は家に持ち帰りたくないもの。

しかしながら、多くの人はどうしても家に悪い気を持ち帰ってきてしまう。
それを部屋の中に充満させないためにも、帰宅したら部屋着に着替えたい。

部屋着に着替えることで、悪い気がついた外用の服から自分を遠ざけ、運気の低下を防ぐことができる。

5,ゆとりがない

常に忙しそうにしている人がいる。
本人はそれがカッコいいと思っていてやっているのかどうかは分からない。

しかしながら、気持ちのゆとりを持っていないと、よい気や新たなチャンスが来ても見逃してしまいがちになる。
さらに、人間関係も希薄になり、徐々に孤立しがちに。

どんなに忙しくても、どんなに辛くても
「余裕そうに振る舞う」
ことで、よい気は自然と訪れるようになる。

後編へ続く。

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top