NG風水習慣

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【花編】

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【花編】

昔から女性は花が好きな人が多い。
見た目だけではなく、香りも楽しむことができ、何よりもその空間を華やかに演出することができる。

風水において花はラッキーアイテム、運気を上げるのに是非役立ててほしい。
しかしながら、扱い方を誤ると運気を低下させてしまうマイナスアイテムとなってしまう。

今回は、花の扱いに関するNG風水習慣についてお伝えする。

【2015年開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【花編】

1,花瓶の水を取り替えない

花瓶の水を取り替えないでいると、いつかは水が腐ってしまう。
腐った水というのは悪い気しか発生しない。

この悪い気が花瓶から部屋に向かって放射されてしまってはせっかくの花の効果が台無しになる。
さらに、女性は「水」の気を持つため、余計にこの影響を受けやすくなる。

花瓶の水は毎日こまめに入れ替えるのが鉄則。

2,枯れた花を飾っている

高かったから…といつまでも花を飾っているのはいただけない。
枯れてしまった花は、すぐさま処分すべきである。

なぜなら、枯れた花はもう死んだ花。
死者は生者から生気を奪うことしかしなくなる。
そうなっては、その部屋にいる者の生気がどんどん奪われていってしまう。

また、花が枯れやすいというのであれば、それはあなた自身の運気が低く、体調などが悪化しているから。
その場合は花の数を増やし、あなた自身が運気を充電すべきである。

3,ドライフラワーを置いている

ドライフラワーは絶対に置いてはならない。
なぜなら、ドライフラワーも枯れた花・死んだ花であるからだ。

前述の通り、もう生きていない花に運気を上げる力はない。
もし部屋の中にドライフラワーがあるのなら、すぐさま処分しよう。

4,黒い花瓶を使っている

黒い花瓶はよろしくない。
黒い色が花の持つ気を停滞させてしまい、我々のもとへほとんど気が回ってこなくなるからだ。

そもそも、風水において黒はほとんどの場合良い結果を招かないので、使わない方が無難。

いかがだっただろうか?
花を上手く利用して、気力溢れる毎日を手に入れられるよう、今一度見直してみてほしい。

あなたに幸せがあらんことを。

命樹

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top