NG風水習慣

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【廊下編】

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【廊下編】

先日、2015年開運風水企画を始動することを、定期的に鑑定している起業家から

「無料で公開してしまうのですか?!何でもっと早くやってくれなかったんですか?!」

と、ものすごい勢いで言われたわけだが、これからどんどんコンテンツを公開していくのでお楽しみに。

さて、今回は廊下ということで、あまり多くの人に注目されない部分であるが、実はここにもNG習慣が潜んでいる。
では、早速始めよう。

【2015年開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【廊下編】

1,廊下が暗い

犯罪者は暗い通りを好むというのは犯罪心理学でよく言われることであるが、気も全く同じ。
悪い気は暗いところを好むのだ。

そのため、暗ったい廊下というのは、それだけで悪い気を寄せ集めてしまうのだ。
逆に言えば、明るくすれば悪い気が集まるのを防ぐことができるのである。

スタンドライトを置くなり、壁紙を明るい色に変えるなり、とにかく廊下に入ったときの印象を明るくすべきなのだ。

2,壁が汚い

床を掃除するのは当たり前で、多くの人が実践していると思うのだが、実は壁も知らず知らずのうちにかなり汚れているのだ。
壁を覆うホコリや汚れというのは、廊下を暗くするだけでなく、そこから悪い気を発生させてしまう。

せっかくよい気を外から呼び寄せることができても、廊下がマイナススポットでは意味がない。
床掃除をするついでに壁も軽く拭くことをお勧めする。

また、これまた忘れがちなのが階段。
階段にもホコリが溜まりやすいので、要注意だ。

3,剥製を飾っている

玄関や部屋においても同様なのだが、本当に開運したければ剥製は絶対においてはならない。
なぜなら、剥製は死んだ動物、死者は生者から生気を奪い続けるからだ。

死んだものが我々から奪い取る生気の量というのは凄まじく、その様子は手相や顔色にも出てくるほど。
今剥製を飾っている方は、すぐさま撤去することをお勧めする。

4,何も飾っておらず、殺風景

確かに廊下には多くのモノを置いてはならない。
しかしながら、少しでもよい気・強い気を家の中に入れたいのであれば、廊下をある程度飾り付けるといい。

例えば、家族の写真や、植物などの華やかな絵など。
また、観葉植物程度であれば邪魔になるどころか、気に生気をもたらしてくれるのでオススメだ。

1でもお伝えしたが、飾り付けるものも、やはり明るいものの方がいい。
全体的に明るく華やかな印象にできると、気も明るく華やかなものになる。

いかがだっただろうか?
廊下はついついスルーしてしまいがちになるが、今一度見直していただきたい。
特に、廊下の壁については多くの方が意識をされていないところなので、今一度確認されたい。

あなたに幸せがあらんことを。

命樹

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top