NG風水習慣

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【寝室編・中編】

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【寝室編・中編】

前回よりお伝えしている寝室に置けるNG風水術。
どうも、依頼人の話を聞いていると、寝室での習慣が問題の原因になっている人が多い。

中編に入る前に、それだけ重要な寝室のNG風水習慣のおさらいをしておこう。
・ベッドメイクは必ず行なうべし
・寝室からぬいぐるみを追放せよ
・窓を閉めてから寝るべし
・シーツやカバーは定期的に洗おう
・枕は北枕がベスト

では、中編を始めよう。

【2015年開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【寝室編・中編】

1,フローリングに直に布団を敷いている

フローリングとは本来どのような働きをするものなのだろうか。
フローリングとは家の中での地面にあたるものだ。

我々人間は、地面から足を伝って気を吸収している。
そう、フローリングも足をつけることで気を得ることができるのだ。

気を得るのは足であるため、身体の他の場所がフローリングにつくのはあまりよいことではない。
そのため、フローリングに直に布団を敷いて寝るのは、望ましくない。

フローリングで寝るのであれば、マットレスを敷いて、一段高くした状態で寝るなら問題なし。
また、畳はどうかという質問が来たことがあるが、畳は植物でできており、よい気を発するものなので、直に布団を敷いて寝ても問題ない。

2,ブラインドを使っている

太陽の光りというのはとても強い気を持っている。
そのエネルギー=気の塊である日光を全て遮ってしまうのは、家の中からよい気を遮断することになる。

ブラインドはカーテンよりも遮光性が強いので、あまりオススメはしない。
どうしても取り外せないというのなら、極力光を入れたり、窓を開けて風を入れるようにしよう。

3,ベッドの上で食事をする

私はこれまで様々な人を見てきたが、ベッドの上で全ての生活が完結していた女性と出会った時は衝撃を受けた。

確かに広いベッドであれば、たいていのことはその上でできる。
しかしながら、TPOを無視したメリハリのない生活というのを、風水は嫌う。

メリハリがない生活は、「停滞」をもたらす。
停滞状態に入ると、チャンスをなかなかつかみにくい、次のステップへ移れないといったマイナスのことを引き起こす。

食事はリビングのテーブル、仕事は机で行なうようにしよう。

4,枕元にモノがたくさんある

枕元に本や電子機器などがたくさん置いてある寝室をたまに見る。
私から言わせれば、枕元にモノを置くなんてあり得ない行為である。

睡眠中は頭から気が流れてくる。
そのため、気の通り道である枕元や頭上を整頓しておくとさせておくべきである。

もっと言うなら、何も物を置かないくらいがちょうどいい。

後編へ続く

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top