2015年開運風水

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【玄関編・中編】

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【玄関編・中編】

前回は玄関におけるNG風水習慣について紹介した。
簡単におさらいすると、

・玄関マットを必ず敷くべし
・玄関には極力物を置くな
・玄関の正面に鏡を置いてはならない
・表札を付けよう
・玄関にゴミを置くな

ということだった。
玄関は家の中で最も大事な場所であるため、他と比べて数が多くなってしまっているが、ひとつひとつチェックしてみてほしい。

では、中編を始めよう。

【2015年開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【玄関編・中編】

1,靴をたたきに出したまま

家に帰って、靴を脱いだ後、あなたはどうしているであろうか?
まさかそのままたたきに出しっぱなしにしている、なんてことはないだろうか?

靴には、外の世界の汚れだけではなく、自分の足の汗や老廃物といった「体の外に出されるべきもの」の悪い気がついているのだ。
そのため、たたきに靴を出したままにしていると、そこから悪い気が玄関に放たれ、外からよい気を呼び込むことが難しくなるのだ。

たまに、
「靴を綺麗に並べているのですが、それでもダメですか?」
といってくる人がいるのだが、それもNG。

靴の汚れを取った上で、靴箱に収納するべきなのだ。
多くても来客の時にすぐに履ける靴を一足置いておく程度にとどめるのが吉だ。

また、靴だけでなく、玄関全体も掃除することを忘れてはならない。

2,1年中ブーツが置いてある

女性の中に365日、常に玄関にブーツを置いている人がいる。
これは風水的にはいただけない。

風水というのは、時の流れやトレンドというものをとても大事にしている。
季節感のある服装や格好をするのは、その時期の波に乗っているということなので、よい気を呼び込みやすくなる。

一方、一年中ブーツを玄関に置いておくというのは、季節感を無視した行為であるため、新たなチャンスが訪れにくくなるだけでなく、的外れな行動をとってしまうことが多くなってしまう。

シーズン以外は、見えないところに保存しておこう。

3,新聞や段ボールを置いている

必要のない紙を家に置いておくのは、風水上あまりお勧めしない。

なぜなら、紙は湿気を吸い取るからだ。
湿気というのは、悪い気を含みやすい。
湿気を含んだ雑紙は、あっという間に悪い気を放出するマイナスアイテムになってしまうのだ。

そのため、玄関に新聞や段ボールを置いておくのはいただけない。
玄関で悪い気を発生させるのは御法度である。

4,靴箱の中に靴以外のものが入っている

靴箱に靴以外のものを入れるのはあってはならないこと。
靴についた悪い気が、そのまま乗り移ってしまうからだ。

靴をしまうところには靴のみを。
モノそれぞれ専用の置き場所を用意してやるのが、一番である。

仕事がなかなか思うようにいかないと嘆いている人は、まず自分の収納の癖を見直してみることをお勧めする。
もし、前述のような秩序がない場合は、それが原因の可能性が高い。

後編に続く。

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top