NG風水習慣

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【リビング編・後編】

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【リビング編・後編】

前回はリビングにおけるNG風水習慣を紹介した。

〜前回のおさらい〜
・テレビをこまめに掃除すべし
・ソファで寝るのはNG、特にソファで食事をしてすぐに寝るのは厳禁
・洋服はソファに放置せず、適切な場所へ収納すべし
・ソファでだらだら仕事をしてはならない

それでは、後編を始めよう。

【2015年開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【リビング編・後編】

1,窓を開けない

風水において最も重要なのは、玄関なのだが、その次に大事なのは窓と言っても過言ではない。
よい気を取り入れるために窓を開けるのは、運気を上げるためのとてもよい行動だ。

なぜなら、よい気は外から来る新鮮な空気に乗ってやってくるからだ。

また、日差しがあるときは積極的に光を取り込みたい。
日光はエネルギー=気の塊。

カーテンで遮断するのは、みすみすよい気を逃がしてしまっているのと同じだ。

2,窓や網戸の掃除をしない

窓を開けた方がいいなら、どんどん窓を開けてやるぞ!と思った人も多いことだろう。
しかしながら、その前に1つ確認してほしいのだが、あなたは窓ガラスや網戸を定期的に掃除しているだろうか?

良い気を取り入れようと窓を開けても、窓ガラスや網戸が汚れていては、よい気がホコリや汚れによって遮られてしまう。
いや、むしろよい気が悪い気へと変わり、開運行動が一転して「NG行動」になりかねない。

定期的に窓や網戸を拭く習慣を身につけよう。
そうすることで、変なトラブルを未然に防ぐことができる。

3,トロフィーや賞状にホコリがついたまま

昔何かの大会で入賞した記念にトロフィーや賞状を飾っている人は注意してもらいたいのだが、その「栄光の証」はきちんと手入れをしているだろうか?
もしホコリがついたままになっているのであれば、それは要注意だ。

「栄光の証」にホコリがつく、汚れたままであるというのは、その栄光・成績より上には発展出来ないということを表す。
もし、何か熱心に取り組んでいることの結果が伸び悩んでいる人は、是非チェックしてみてほしい。

4,黒い家具ばかり置いてある

白黒、モノトーンが好きという人は、家の中も白黒にしてしまいがちだが、これは風水的にはよろしくない。
なぜなら、黒は「停止・停滞」を表す色で、今以上の発展をもたらしにくくしてしまうからだ。

そのため、家の中の黒の割合が多くなってくると、次第にヤル気や意欲が失われていきやすくなる。

もし、今現在モノトーンの家具が多いというのであれば、カバーをかけたり、小物を利用してなんとか色鮮やかな空間を演出出来るようにしてほしい。
部屋の色がもたらす影響というのは、あなたが考えている以上に大きいということを知っておいてほしい。

昔、大ブレイクした某お笑い芸人の部屋を見たことがあるが、家具がほとんど黒で統一されていたのだ。
その芸人が「一発屋」で終わってしまったのは言うまでもない。

いかがだっただろうか?
簡単に実践出来るところから実践して、運気を引き上げていただけたらと思う。

あなたに幸せがあらんことを

命樹

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top