2015年開運風水

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【リビング編・前編】

【開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【リビング編・前編】

2015年を2014年よりもいい年にしたい。
そんな方のためにお送りしている、2015年開運風水企画。

今回もNG風水習慣をお伝えするのだが、今回採り上げるのは

「リビング」

だ。

リビングは生活の中心の場。
リビングとの付き合い方をよいものにすることで、日々の生活における運気が上昇していくため、是非参考にしてほしい。

【2015年開運風水】運気を下げるNG風水習慣!【リビング編・前編】

1,テレビの画面が汚い

テレビをこまめに掃除している人はそう多くはないのではないか。

テレビに関して、風水では私たちに様々な情報や楽しい刺激をもたらしてくれるものであるため、よい気を送ってくれるものだと捉えるている。
テレビの画面からあなたに向かってプラスの気が発せられているのだ。

そのため、もしテレビの画面にホコリがくっついていたり、汚れていたりすると、そのプラスの気があなたのもとへ入ってくるのを妨げてしまうのだ。

定期的に画面を拭いておくことを強くお勧めする。
また、パソコンも同様である。こまめに画面を拭いておこう。

2,ソファで眠る

ソファで眠るのは、睡眠が浅くなるため、あまりよい行為だと言えない。

寝るなら寝る場所である、ベッドや布団で寝るべきだ。
しっかり横たわり、心地よい体勢で寝ることで、はじめて自分の中で気が充電されることを覚えておいてほしい。

また、ソファで食事をしてそのまま寝てしまうという人がたまにいるのだが、これは最悪の行為だ。
ソファで食事をしているとよくありがちなのが、食べカスをソファに落としてしまうということ。

ソファを汚し、その状態で寝るというのは、悪い気が発生しやすくなった場所で睡眠を取るということ。
これでは悪い気しか自分の中に溜まらなくなってしまうので、これが習慣になっている人は直ちにやめるべきである。

3,ソファに洋服を放置する

ソファを洋服をかける場所にしたり、帰宅して着替えをする際にソファに服を放ったままにしている人がいるようだ。

風水では、モノとモノを重ねておいておくということを基本的には良しとしない。
ソファは人が座る場所、服を置いておく場所ではないのだ。

服をソファの上に重ねておいておくことで、気の乱れが発生する。
それは、あなたの判断力を低下させることにつながり、迷いの多い日々を誘発しかねない。

また洋服は、基本的には決まった場所に収納した方がいい。
適当に放置された洋服からは決していい気を放つことはないからだ。

4,リビングでだらだら仕事をする

何かと成績が上がらないサラリーマンの話を聞いていくと、仕事をだらだら行なっている場合が多い。
その中でも、リビングでだらだら仕事するのはよろしくない。

リビングは、あくまでも食事をしたり、家族とコミュニケーションを取ったり、落ち着く場所。
その中で、食事をしながら仕事をするのは、あまりよろしくない。

もし、仕事に集中したい、仕事の業績を伸ばしたいと考えているなら、仕事をする専用の場所で仕事をするべきである。

後編へ続く

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top