命樹

決断力がない・決断できない人を鍛えるための気の話

決断力がない・決断できない人を鍛えるための気の話

大事なことを決断しなければいけないところでうじうじしてしまう。
そんな自分に嫌気がさす。
このような相談を受けることもある。

決断出来ない人を決断出来るようにすることは可能だ。
そして、そこには驚くなかれ、気が関わっているのだ。
そのため、今回も気について学んでいこう。

【決断力がない・決断できない人を鍛えるための気の話】

気というものは我々の生活から切っても切り離せないものだ。
特に、普段の生活の中でやってくる直感は、間違いなく気の作用である。

何か別のことをしているときでも、「これだ!」という直感があなたの脳裏をよぎったら、有無を言わずその直感を信じて行動するべきである。
気が充実している人には、このようなことが多発する。
気のよい巡りが、次々とこのような素晴らしい直感や気付きを授けてくれるのだ。

そして、このような直感を信じている時、わたしたちの気は更に高まり、更なるインスピレーションを得やすくなっていくのである。

偶然ふと思いついた数字で宝くじを買ったところ、大当たりしたという話を耳にしたことがある人も多いことだろう。
直感というものを信じない人もいるが、このように思いがけない結果を引き寄せる力を秘めているため、バカにすることはできない。

風水では、重いものを嫌がり、軽いものをよしとする原則がある。
なぜなら、重いものはフットワークを重くしてしまい、次へのステップに飛び移れないからだ。

気が呼んで来た極上の直感も、フットワークが重くては実際に形にすることができない。
そのため、我々は直感に対していつもフットワークが軽くなければならないのだ。

私の知人で、15年真面目に勤めていた会社を、電話一本で辞めてしまった男がいる。
彼は出世への道を掴み、順調に昇給もしており、仕事への不満も何もなかった。
しかし、ある朝、彼はふと小学生だった頃の自分を思い出し、その中で自分はスポーツが好きだったことを思い出したのだ。

そして、急にスポーツに関する仕事がしたいと思い立ったのだという。
その瞬間彼は会社に電話をかけ、会社を辞めてしまったのだ。

それからというものの、彼の会社は急激に成長し、今ではもともといた会社よりも利益を出せる会社にまで成長している。
彼自身も、前よりもイキイキしており、毎日とても楽しそうに生活している。

自分の直感を信じろ。
これは映画のキャッチコピーでもなんでもない。
なぜならば、あなた自身の気が呼び寄せている、「新しいステージへの特別チケット」なのだから。

あなたに幸せがあらんことを。

命樹

URL
TBURL

コメントはこちら!

*
* (公開されません)
*

Return Top